トレンド

中国の自動チャーハン製造機がすごい!業務を機械がこなすレストランが話題に

まず初めにこの動画をみてください。
『これが中国でもう始まってる現実。。』というコメントと共に
添えられた動画がかなり衝撃的な内容となっています。

 全自動チャーハン製造機

自動で動く3つの中華鍋。
まるで人間が作っているように
スナップを効かせながら中身の具材を炒める。
さらに横からお米を自動で投入
(かなり下に落ちてますがw)、
人間の手を加えず
全自動でチャーハンのできあがり。

まるでSF映画の1コマのような風景です。

中国は人口が14億人もいるため、
1店舗あたり500席もあるお店がたくさん存在します。
そのため、オーダーから調理・提供までの効率化
を測るためにあらゆる業務の自動化が主流となってきているそうです。

このチャーハン製造機械は日本でも開発されていて、先ほどの動画のようなタイプや振らずにかき混ぜるタイプのものも開発されています。

炒レンジャー : http://www.san-ei-ltd.co.jp/ranger.html

かき混ぜるタイプ : https://www.mik-net.co.jp/detail/index/id/67/

 衝撃!中国の全自動レストラン

これぞ近未来のレストラン!
調理から提供までロボットが対応できるって物凄い時代ですね。

数年後には日本でもこういうお店が乱立されるかもしれませんね。
もはや無人コンビニ自動運転、ドローンなどあらゆるものが自動化されている現代においてはそう珍しくないことかもしれません。

これが時代の流れといったところでしょう。

 Twitter民の反応

 まとめ

中国の全自動調理動画をみてどのように感じましたか?

ロボットの導入で業務の効率化が図れるのは素晴らしいことですね。
近い未来日本でも普及し、ファミレスでは今より安い価格で料理を提供できる可能性が高いですね。

ロボットに任せて味も良いなら人間が作るのと何ら変わりはないですが、、。

やっぱり人が作るチャーハンが食いてーよ!!!笑