映画

ネタバレ注意。「クリーピー 偽りの隣人」は最高にクリーピーだった!

2016 年に上映された黒沢清監督のサスペンスホラー映画。

主役である西島秀俊演じる高倉はある事件をきっかけに警察を辞職し、大学で犯罪心理学の講師として勤めていた。竹内結子演じる妻と共に、心機一転家を引っ越したが、そこには香川照之演じる西野という奇妙な隣人がいた。

的な内容。

既にこの映画を見て、映画の訳が分からず、みんなの感想を見にここに来た人も多いだろう。

そういう人たちのために(もちろん、映画観る前の人も)
ネタバレ上等!で考察していき、この映画のポイントを紹介していく。

 映画レビューの評価の低さ

映画を見る前、映画レビューを見て、その映画を見るかどうか決めるというのは、現代ではとても一般的である。しかし、このクリーピーという映画、下の画像をご覧の通り、あまり評判がいいとは言えない。

 

 

しかし、映画のレビューの内訳を見てみたら、高評価と低評価が入り混じるカオスな状態。なぜこの映画はこのように評価されているのか考察してみた。

低評価の意見

・伏線がそのまま謎(西野の娘だと思われた子は何なのか。なぜ高倉は洗脳されなかったのか。)
・理屈が合わない。(最初から気持ちの悪い西野に妻が洗脳されるわけない。)
・脚本の雑さ(警察官が無能すぎる。あの注射はなんだ。)

うむうむ。全く持って同感。とゆーか事実だし。

同じことを思って、みんなはどう思っているのだろう、とここまで来た人もいるだろう。

 オタク的映画考察

この映画の監督(黒沢清)は、上に述べられた、低評価の理由となるようなことを間違えてやったわけでは絶対にない。あんな数の伏線を回収することを忘れることはあり得ない。絶対に何かの意図があってそういう演出をしたという前提で、考察していく。

私はこの映画は、何らかのメッセージを伝えるための装置に過ぎないのではないかと思う。極端に言えば、映画の内容なんかどうでもよくて、それを通して、メッセージを伝えたかったということである。

あの謎の洗脳のために使われていた注射。あそこにつっかかるのはナンセンス。確かに、意味が分からない。私も大いにつっこんだが、監督としては、洗脳するまでの過程はどうでもよくて、ああいう非現実的な装置を使って、物語を潤滑に進めようとしていると思う。

ならばこの物語のメッセージは何だろう。

映画のタイトルは「クリーピー」、つまり、不気味である。この物語の登場人物はどのようであったか。主人公の高倉は元刑事だが、西野の娘に昔のことを問い詰めるとき、元刑事とは思えないほどの異常な取り調べをしていた。対して、妻は、西野にのこのことついていったりと意味の分からない一面がある。夫婦関係も一見良好だが、実はとても脆く、ハリボテのようである。西野とその娘と思われていた川口春奈演じる女の子は、言わずもがな不気味であり、サイコパスチックだ。そう、この映画の登場人物に、一人としてまともな人間はいない。西野が異常すぎて存在感が薄くなっているが、登場人物全員クリーピーである。そして、サブタイトル、「偽り隣人」、これは決して西野だけを指したものではない。妻であり、夫であり、子供ですら、本当は何を思っているのかわからない。分かり合えない存在。

私は「正常な人間など一人もいない、本当に怖いのは人間であり、あなたのすぐそばにいる人かもしれない。」ということをこの映画を通して伝えたかったのだと解釈した。

この映画の楽しみ方

この映画の醍醐味はストーリーを通してテーマを探るということ。答えは誰にもわからな
いが自分の中でストーリーを解釈して、この映画の伝えたかったことを考え抜くことに楽しみがある。

高評価と低評価がくっきり分かれている映画はオススメ!