お笑い

Ⅿ-1リベンジ『マヂカルラブリー』の逆襲。

去年のⅯ-1で優勝したのは、とろサーモン。
Ⅿ-1の効果は計り知れなく、その日を機に、彼らの人生が大きく変わったことは言うまでもない。

人生が変わったのは、彼らだけではない。
惜しくもとろサーモンに敗れたミキ、和牛、かまいたち。
元々、人気がそこそこあった人たちもいるが、ミキに関しては、メディア露出度が今までとは比べ物にならないぐらい上がった。

そして、もう一組。

圧倒的な最下位。
上沼恵美子にはボコボコに芸風を叩かれ、翼の折れかけたコンビがいる。にもかかわらず、あの日を機に、知名度は抜群に上がった。去年のリベンジに燃えているコンビ。

そう、今回紹介するのは、『マヂカルラブリー』

マヂカルラブリー

左:野田クリスタル ボケ
右:村上 ツッコミ

ツッコミの村上の芸名が、フルネームではなく、ただの「村上」であることは全くの謎だが、彼らの異様な芸風にはまる人は、少なからず存在する。(私もその一人。)

マヂカルラブリーの面白さ

個人的にはとても大好きなマヂカルラブリー。

実は去年のⅯ-1の前、GYAO!で行われたⅯ-1優勝予想で、期待を込めて一位に推薦もした。
Ⅿ-1の前に友人に、「マヂカルラブリーはスターになる。」なんていった記憶も。※結果は惨敗(笑)

 

私がマヂカルラブリーに惹かれた漫才を見ていただきたい。


ウサギと亀とスサノオノミコトという短い芸なのだが、野田クリスタルの個性、ネタの異端さがクセになる。

いわゆる、ボケの野田クリスタルが目立つコンビなのかと思えばそうでもない。

上の動画を機に、色々なマヂカルラブリーの動画を漁っているともう一つ爆笑してしまったネタがあった。

あらびき団で放送されたラップバトルのネタなのだが、なんだか癖になる。ここでは、ボケとツッコミが入れ替わっており、村上のボケがとてもいい味を出している。ツッコミに回る野田クリスタルもまたくせになる。

キングオブコント2018でも活躍!

去年のⅯ-1グランプリで軌道に乗ったのか、今まではテレビに出ることすらほとんどなかったマヂカルラブリーだが、なんと今年のキングオブコント決勝にも出場した。

残念ながら、上位3位には選ばれることができずファイナルステージ進出を逃したが、コントでもやっていけるという実力を残すことができた。

個人的にコントはめちゃめちゃ面白かったのだが、出番が一番最初だったのも一つ理由かなと思う。(言い訳)

だがしかし、事実として最初の出番というのはなかなか会場も温まっておらず、賞レースでは不利と言われている。

今年のⅯ-1グランプリでリベンジできるか?

去年は上沼恵美子にぎゃふんといわされたマヂカルラブリーだが、今年のⅯ-1グランプリでリベンジができるのか。

実はマヂカルラブリー、今年のⅯ-1グランプリでもしっかりと自分たちの個性を出しつつ準決勝まで駒を進めている。

準決勝の日程は、11月15日。

ここを勝ち抜くことをできれば、12月2日の決勝戦に出場することができる。

準決勝には25組が進んでおり、決勝に進む9組まで絞られる。
さらに敗者復活戦の1組を入れて、決勝戦は計10組で行われる。

決勝まで進み、上沼恵美子との再開を果たすのだろうか。

上沼恵美子vsマヂカルラブリーに期待!

※追記
去年のリベンジに期待したマヂカルラブリーですが、残念ながら11月15日の準決勝で敗退してしまいました。しかしまだ敗者復活戦が残っており、敗者復活からの上沼恵美子リベンジはとても面白くなりそうなので、引き続き「マヂカルラブリー」を応援しましょう!

あわせて読みたい
M-1 2018のダークホース?漫才師『金属バット』未来のスター間違いなし! 皆さんお笑いは好きですか? 僕は大好きです。 現在の日本一の...
あわせて読みたい
M-1 2018決勝戦進出コンビが決定!『ギャロップ』『見取り図』『トムブラウン』も!とうとう今年のⅯ-1の決勝進出者が決定しました! 残念ながら当ブログで取り上げた『金属...

去年の伝説のⅯ-1

ある意味伝説となった去年のⅯ-1グランプリでのすべりっぷり。

実はAmazonプライムで、今までのⅯ-1グランプリを見ることができます。

新規で加入される方には30日の無料期間がついていますので、ぜひ気軽にⅯ-1グランプリを見てください。

学生さんならAmazon studentがおすすめ。なんと無料期間が、半年分もついています。他にも映画を見ることができるので、オススメ!