アニメ

映画『名探偵ピカチュウ』が19年5月に公開!主人公の声は竹内涼真が担当

とうとうあの人気ゲームタイトルの『ポケットモンスター』がハリウッド映画化です。
『ダークナイト』等を手掛けたレジェンダリーピクチャーズによって製作されています。
プロモーションビデオも公開されました。


ポケモンと言えばゲームもしくはアニメとしての印象が強いですが今回の映画はハリウッドで実写とCGを織り交ぜた『TED』のような作品となっています。

『名探偵ピカチュウ』のストーリー

かつてポケモン大好き少年だった主人公のティムはポケモン関係の事件の捜査で家にいることが少なかった父ハリーとポケモンをいつからか避けるようになっていた。それから年月が経ち父が事故で死んだという知らせを聞いたティムは複雑な思いを残したままポケモンと人間が共存する街『ライムシティー』へと向かう。その準備をするために部屋に行くとそこで自分にしか聞こえない人間の言葉を操る『ピカチュウ』と出会った。しかもおっさんの声。かつて父ハリーの相棒だったという『名探偵ピカチュウ』は事故の衝撃で記憶をなくしていたがハリーは生きているという確信があった。ライムシティーや父に関する多くの謎に人間×ポケモンのコンビで立ち向かっていく。

引用:https://meitantei-pikachu.jp/

ピカチュウの声はおっさん!主人公の声は竹内涼真?

ピカチュウといえば常に『ピカピカ』といって可愛いイメージですが今回の映画のピカチュウは思いっきりおっさんな声です。何かに似てるなーと思ったら同じくハリウッドで実写とCGを織り交ぜて作られた映画『TED』に似ています。全く印象と違う!と思ったかもしれませんがYouTubeに公開されたプロモーションビデオを見てみると意外に面白いかもしれないと感じます。とても攻めたなーという印象。

そして映画の主人公の日本語版声優として竹内涼真さんが抜擢されました。別に主人公はおっさんではなく若い青年なので印象通りしっくりときています。

Twitter民の反応は?

『名探偵ピカチュウ』はもともと3DSのゲームソフトとしてもあったものというのは初耳でした。しかもその時のピカチュウの声もおっさん声。ちなみにゲームと映画の内容は違うようなのでネタバレが嫌な人も安心を。竹内涼真さんに関するtweetも多く見られ、またピカチュウの声優は誰なのか、ゲームの時と一緒の人なのか等の意見が多かったです。

まとめ

今回は来年2019年5月に公開される大人気ゲームソフト『ポケットモンスター』原作のハリウッド映画『名探偵ピカチュウ』について紹介しました。

ゲームソフトとしては今でも世界的なタイトルですがこの映画を機にゲームをしない層までも巻き込んで知名度や格のアップにもつながる可能性があると思いました。

リオデジャネイロオリンピックの閉会式で行われた次回開催国である日本のセレモニーではアニメキャラクターが多く出てきて世界的にも話題になりました。めちゃめちゃかっこいいので是非見てください。


来年公開なのでそこで知名度をアップさせて本番の東京オリンピックでどのような形でピカチュウやその他ポケモンが出てくるのかというのも個人的には楽しみです。

制作会社や役者たちもとても豪華なので期待して楽しみに待ちましょう。