HIP HOP

【MCラップバトル】超絶イケてるサンプリングをまとめてみた。

こんにちは、MCラップオタクa.k.a客寄せパンダです。

みなさんはラップバトルをみたことがありますか?

ラップバトルとは相手をdisって言葉で打ち負かすバトルのことです。

数年前から『高校生ラップ選手権』や『フリースタイル・ダンジョン』といったメディアでも放送されていることで、若者を中心に流行っているジャンルでもあります。つい先日も「BAD HOP」というT-pablow率いるHIP HOPグループが武道館でLIVEを行なったことで世間を騒がせました。

 

今回は、今流行りのラップバトルで使用された超イケてる『サンプリング』を紹介していこうと思います。ここで言う「サンプリング」とはラップ曲の歌詞などを引用し、バトル内で用いることを指します。

サンプリングがバチッとハマれば、その試合の勝利を決める一手となったり会場が超絶盛り上がります。

そんな訳で、超絶イケてるサンプリングをご紹介していきます。

  サンプリング集

鎮座 vs サイモンジャップ  (証言)

ラップの天才、(左)鎮座DOPENESE 対 (右)SIMON JAPとの試合。

再延長となった第三試合目、SIMON JAPが観客の方を向いている鎮座に対して「お前どこみてんだ お〜い。敵はこっち」と挑発。

それに対して、鎮座は「敵は我なり 届け雷 こいつにいかずち 髪型に」とアンサーを返す。実はこの「敵は我なり 届け雷」という言葉が、このバトルビートで流れている『証言』という曲のサンプリングなんですよね。。笑

鎮座のサンプリングを絡めた完璧なアンサー(相手への返答)にSIMON JAPも敗北を認めたかのような笑顔。

 

R指定 vs 呂布カルマ (C.R.E.A.M)

本当にラップが好きな人しかわからないサンプリング(笑)

あまりにも高度すぎて、サンプリングしていると知った時に驚きを隠せませんでした。

このバトルビートがWu-Tang clanC.R.E.A.Mという曲なんですが、このR指定のバースでWu-Tang clanのメンバーを取り入れています。

まず「C.R.E.A.Mの上で教えてやるお前のラップのメソッド メスを入れる」の部分。C.R.E.A.Mは先ほど述べたように曲のタイトル。メソッドはWu-Tang clanメンバーの「メソッド・マン」のこと。

次に「Inspectan Deckじゃないけども お前を零コンマ何秒でぶち壊してやる」の部分
Inspectan Deckはそのまま、メンバーのインスペクター・デックのことだが、驚くのは「零コンマ」の部分。これはメンバーのレイクウォンのこと。

ここまできたら鳥肌もんですね。R指定はこのバトルのことを振り返り後にこう語っている「誰もこのサンプリングを気づいてくれなかったからめっちゃ悲しいっす(笑)」

その時のラジオがこちら。↓

百足 vs わっちょい  (L.O.V.E)

C.O.S.A × KID FRESINOのL.O.V.Eという曲のサンプリング。

お互いサンプリング合戦を楽しんでるバトル(笑)

百足「歩いて帰れるだけのWeedを吸い、潰れたfrendsをまたいで振り返る。」がバトルビートで流れているL.O.V.Eのサンプリング。(原曲では歩いて帰れるだけの酒を飲み、潰れたfrendsをまたいで振り返る。)となってる。

それに対して、わっちょいが「静寂、孤独な一昨日からきてる男」とサンプリングでアンサー。他にも「ぶっとんでて」や「わかってる」など曲のリリックを断片的に取り入れてる。

それに対し百足が「ぶっとんだライムできるか不安なのかよバーカ」とこちらもサンプリングで応戦。(原曲では、ぶっ飛んだ作れるか不安なのか)となってる。

このサンプリング返しにはわっちょいも嬉しそうな表情です笑

 

↓サンプリング元ネタ↓ この曲は超イケてるのでぜひ聴いてみてください(私も最近知り合いの勧めで知りました。)

R指定 vs HIDADDY (UYC by SHINGO西成 )

高レベルなサンプリングの応酬。

HIDDADYがR指定に対し「お前 言うてることと やってることが(ちゃいますねえ)」とdis。実はこれ、SHINGO☆西成の「U.Y.C」という曲のサンプリング。

これに対しR指定は「だけどそこで俺は AKY あえて 空気 読みません」とアンサー。これはRUMIの「A.K.Y」という曲のサンプリング。RUMIの「A.K.Y」はSHINGO☆西成の「U.Y.C」をオマージュして作られた曲であるため、R指定のサンプリングは超絶高レベルなアンサーだといえる。

 

  感想・まとめ

いかがだったでしょうか。ラップバトルって知れば知るほど面白いんですよね。

それこそ知識皆無の状態でラップバトル観戦に行くと、有名なサンプリングで周りが盛り上がってても何が面白いのか全くわかりません笑

私もよくラップバトルを観戦しにいってたんですが、自分が全然わからないサンプリングで盛り上がってる時の孤独感は半端じゃないです(笑)
逆にこの曲知ってる!!ってなったら「うおーー!!」って感じになってよりラップバトルを楽しめます。

ラップバトルを楽しむために、普段聞かない方はラッパーの音源を聴いてみるのも良いと思いますよ!

個人的おすすめは『Zorn』『唾奇』『KID FRESINO』『鎮座DOPENESE』『SALU』『ゆるふわギャング』あたりです。ぜひ聴いてみてください。

あわせて読みたい
お父さんラッパー『ZORN』 心に響くリリックとパンチラインをまとめてみた。 『洗濯物干すのもHIP HOP』....このリリックを口ずさみながら何度洗濯物を干しただろうか。生粋のZORNファン、あらかきで...